中古マンションを理想通りにリノベーションする

最近は、中古の分譲マンションを購入してリノベーションする方が増えています。どのような方法があるのかチェックしてみましょう。同じ中古マンションでも築年数の浅い物件と古い物件とでは、かなりの差がありますね。築20年以上経過したマンションになると壁、床、天井などが相当古くなっています。シミがあったり黄ばみが目立つ物件もあるでしょう。そんなときは塗装や張り替えなどを行ってはいかがでしょうか?フローリングの床であれば、板ごと張り替えてしまってもいいですね。和室の部屋にフローリングを敷いて洋室にするのもいいでしょう。床材や壁などは、見本が載ったパンフレットを見ながら選ぶことができるので、理想通りの部屋が完成します。リノベーションに掛かる費用は、工事の内容によって異なります。低料金で済む工事もあれば、高額の費用が掛かる場合もあります。

リノベーションとリフォームの違い

住まいを改装する工事にはリフォームが有名なのですが、リノベーションという改装工事もあるので意味を知っておくと便利ではないかと思うのです。リフォーム工事はよくチラシやビラなどでも書かれていますが小さな箇所が多く、窓や玄関そして畳や床といった部分的なところを改装する工事のことをいいます。それに対してリノベーションというのは大きな箇所である住まいの外観や、内装でも大きな部分を改装をする工事のことを言うのでこの二つは規模的なことに違いがあるのです。リノベーションでは新築以上の住まいにするという売り文句もあるほどで、中古の住まいでもリフォームの場合には大きく変化がないのですが見違えるほどに生まれ変わるそうです。付加価値をつけるというところも魅力にあるのだそうで、今以上の住まいにして欲しいのならリフォームではないのです。

躯体以外を新築同然に建て替えられるリノベーション

バブル経済がはじけた後、景気低迷期が長く続いてサラリーマンの賃金が上がらず、逆に非正規雇用で働く者が急速に増えてきたので、働く者全体では賃金の下がる傾向が続いてきました。このような世の中では日常生活を淡々と送るのが精一杯の人が増えて、住宅を新築したり、住み替えする資金的な余裕のない人の中に住まいのリノベーションをする傾向が増えたのです。これはハウスメーカーとしても新築住宅の売れ行きが思わしくなくなった時期の代替え需要として注目したわけです。わが国では昔から古くなった木造住宅は壊して建て替えるのが当たり前のような習慣があったわけですが、COP3京都会議が開催された頃から地球環境保護や資源の無駄遣いを減らして省エネルギーや省資源を進めていこうとする社会の動きとなってリノベーションが消費者、ハウスメーカー双方からブームのように広がってきた感があります。最近の戸建リノベーションでは新築より大幅にコストを抑えて、躯体以外を新築同然に建て替えることができるようになり、消費者の評判も良くなってきました。

一級建築士事務所としても登録しております。多くの実績がありますので、安心してまかせて下さい。不動産活用などを成功させるためのサービスを提供!物件などのリノベートなどをお考えされている方。エイブル保証が、居者管理や建物管理なども代行します。エイブル保証のいままでの数々の実績を積み重ねてきたからこそ、安心の賃貸経営を実現することができます。リノベーションで成功の近道はこちら。